0分49秒

“ウクライナ疑惑”米下院で13日から初の公聴会開催

 アメリカのトランプ大統領がウクライナに対して、野党・民主党の大統領候補争いの先頭を走るバイデン前副大統領に関する調査を促した問題で、議会下院は、初めてとなる公聴会を13日から開催することを決めました。

 野党・民主党が過半数を占めるアメリカ議会下院は、トランプ大統領の弾劾に向け“ウクライナ疑惑”の調査を進めていて、これまでにホワイトハウスの当局者が非公開での証言に応じています。

 こうしたなか、民主党に所属する下院情報特別委員会のシフ委員長は6日、13日と15日に公聴会を開き、駐ウクライナの代理大使ら3人が証言すると明らかにしました。

 「全てデマであり、詐欺だ。そしてあおっているのは、ここにいるメディアだ」(トランプ大統領)

 トランプ氏は6日の演説で、「非常に偏った魔女狩りだ」とも強調し、公聴会の開催に強く反発しました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

11月14日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:11月14日 2時02分

ニュース番組ダイジェスト

11月14日(木)の国際ニュース

11月12日(火)の国際ニュース

11月11日(月)の国際ニュース

11月10日(日)の国際ニュース

11月9日(土)の国際ニュース

11月8日(金)の国際ニュース

11月7日(木)の国際ニュース

過去のニュース