0分58秒

衆院「憲法審査会」を開催、実質的議論は今国会初

 国会では、7日午前、衆議院の憲法審査会が開かれました。今の国会で実質的な議論が行われるのは初めてです。

 「日本国憲法には、施行時に想定されなかった社会情勢の変化に対応するための規定の整備の必要性や、本来独立国として備えておかなければならない要素があるのではないか」(自民党 新藤義孝衆院議員)

 衆議院・憲法審査会では今の国会で初めての実質的な討議が行われ、自民党の新藤衆院議員は改めて憲法改正の必要性を強調しました。今後、与党側は憲法改正の手続きを定めた国民投票法改正案の議論を進めたい考えなのに対し、野党側は国民投票時のCM規制の議論などを優先して取り上げるよう求めています。

 河井前法務大臣の辞任に伴い討議が仕切り直しとなるなど、国民投票法改正案の今国会での成立は難しい状況で、与党内の一部には「会期延長」を唱える声もあります。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

11月14日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:11月14日 2時02分

ニュース番組ダイジェスト

11月14日(木)の政治ニュース

11月12日(火)の政治ニュース

11月11日(月)の政治ニュース

11月9日(土)の政治ニュース

11月8日(金)の政治ニュース

11月7日(木)の政治ニュース

過去のニュース