0分53秒

教職員住宅に小4男児遺体、殺人容疑で義父再逮捕

 さいたま市の住宅で小学4年の男の子の遺体が見つかった事件で、警察は、32歳の義理の父親を殺人の疑いで再逮捕しました。

 殺人の疑いで再逮捕されたのは、さいたま市の無職、進藤悠介容疑者(32)です。進藤容疑者は先月17日の夕方、自宅である教職員住宅で、義理の息子で小学4年の進藤遼佑くん(9)の首を絞めて殺害した疑いがもたれています。

 自宅からは、遼佑くんの首を絞めたとみられる電気コードが押収されています。

 進藤容疑者は先月19日、遼佑くんの遺体をメーターボックスの中に遺棄したとして逮捕されていて、当初は「本当の父親ではないのにと言われカッとなった」などと容疑を認めていましたが、現在は否認しています。

 再逮捕を受け、遼佑くんの母親は「大切な息子を失い、いまだ心の整理がついていません」とのコメントを出しています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

10月16日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:10月16日 15時02分

ニュース番組ダイジェスト

10月16日(水)の社会ニュース

10月15日(火)の社会ニュース

10月14日(月)の社会ニュース

10月13日(日)の社会ニュース

10月12日(土)の社会ニュース

10月11日(金)の社会ニュース

10月10日(木)の社会ニュース

10月9日(水)の社会ニュース

過去のニュース