1分8秒

日産、新体制発表から一夜明け 関係者から期待の声

 8日、新体制を発表した日産ですが、一夜明け、関係者からは期待の声が聞かれました。

 日産の次期社長となる内田誠専務は、総合商社の旧日商岩井出身で、現在は中国事業を統括しています。また、COO=最高執行責任者については、三菱自動車工業のアシュワニ・グプタCOOを充てるということです。

 「日産取締役会と益子会長のご判断を光栄にうけています」(三菱自動車工業 アシュワニ・グプタCOO)

 「考えていた若返り、次の世代へのバトンタッチができそうなので、非常に良い決定をしていただいた」(日産 西川広人 前社長)

 日産のトップ人事をめぐっては、ゴーン前会長の不正を見抜けなかったことや、社内規定に違反して役員報酬を受け取っていたことなどの責任を取り、西川広人前社長が辞任しました。

 新しい経営陣は、経営統合を迫るルノーとの交渉や、北米市場の伸び悩みなどで大幅に悪化している経営の立て直しなど、今後、難しい舵取りを迫られることになります。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

10月16日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:10月16日 15時02分

ニュース番組ダイジェスト

10月15日(火)の経済ニュース

10月14日(月)の経済ニュース

10月13日(日)の経済ニュース

10月12日(土)の経済ニュース

10月11日(金)の経済ニュース

10月10日(木)の経済ニュース

10月9日(水)の経済ニュース

過去のニュース