0分50秒

「弾劾」調査 ホワイトハウス協力拒否

 アメリカのホワイトハウスは8日、野党・民主党が多数を占める下院で開始されたトランプ大統領の弾劾に向けた調査について、「憲法違反」だとして、協力を拒否する書簡を議会に提出しました。

 ホワイトハウスがペロシ下院議長らに提出した書簡では、「大統領は何も悪いことをしておらず、民主党はそれを知っている。2020年の大統領選挙に影響を与えるといった純粋に党派的な目標を追求している」などとして、トランプ氏の弾劾に向けた調査を下院で始めた民主党を批判しています。

 そのうえで、「民主党の調査は、憲法、法の支配、過去の全ての先例に違反している」として、「トランプ大統領と政権は調査に参加することはできない」と通告しました。ただ、下院が弾劾訴追の権限を持つことは憲法に定められていて、ホワイトハウス側の「憲法違反」との主張に民主党が激しく反発するのは確実です。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

10月16日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:10月16日 16時02分

ニュース番組ダイジェスト

10月16日(水)の国際ニュース

10月15日(火)の国際ニュース

10月14日(月)の国際ニュース

10月13日(日)の国際ニュース

10月12日(土)の国際ニュース

10月11日(金)の国際ニュース

10月10日(木)の国際ニュース

10月9日(水)の国際ニュース

過去のニュース