0分54秒

パラリンピック選手団、東京消防庁の防災訓練に参加

 12日、東京都内でパラリンピック選手団や関係者らが防災訓練に参加し、地震の揺れなどを体験しました。

 12日、東京パラリンピックに出場する国・地域の選手団らに向けた会議が都内で開かれたことに合わせ、地震・防災訓練が行われました。

 訓練は災害経験が少ない外国人が本番の大会に多く参加することが見込まれるため、東京消防庁が開催したもので、パラリンピックの関係者に向けて訓練を行ったのは初めてです。

 参加者は、災害がリアルに再現されるVR防災車に乗ったほか、地震体験車を使い、およそ70人が、震度6弱の揺れなどを体験しました。

 「とても揺れたよ。この経験は活かせそうだよ」(ポーランドからの参加者)

 東京消防庁は、「自国に帰ってもこの経験をいかしてもらいたい」としています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

9月19日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:9月19日 5時02分

ニュース番組ダイジェスト

9月19日(木)の社会ニュース

9月17日(火)の社会ニュース

9月16日(月)の社会ニュース

9月15日(日)の社会ニュース

9月14日(土)の社会ニュース

9月13日(金)の社会ニュース

9月12日(木)の社会ニュース

過去のニュース