0分48秒

ファミマ 24時間営業短縮実験、10月から640店が参加

 24時間営業の見直しに向けて、ファミリーマートは、すでに始めている営業時間の短縮実験に、10月から640店舗が新たに加わると発表しました。

 ファミリーマートは来月中旬から新たに、香川県と沖縄県をのぞく45都道府県の640店舗で、営業時間の短縮実験を行います。およそ半数は、11月末まで夜間の営業を毎日取りやめ、残りの半数は12月15日まで週に1回、日曜日の夜だけ閉店します。

 「加盟店の収益に結び付くかどうか規模を拡大して検証する」(ファミリーマート 加藤利夫副社長)

 実験に参加した店は、終了後、再び24時間営業に戻しますが、ファミリーマートは「可及的速やかに実験の検証を進めて結論を出したい」としています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

9月18日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:9月18日 14時02分

ニュース番組ダイジェスト

9月18日(水)の経済ニュース

9月17日(火)の経済ニュース

9月16日(月)の経済ニュース

9月15日(日)の経済ニュース

9月13日(金)の経済ニュース

9月12日(木)の経済ニュース

9月11日(水)の経済ニュース

過去のニュース