0分51秒

他人の在留カードでスマホを契約しようと・・・ベトナム国籍の男逮捕

 他人の在留カードでスマートフォンを契約しようとしたとして、ベトナム国籍の男が逮捕されました。警視庁は、転売目的だったとみて調べています。

 入管難民法違反の疑いで逮捕されたのはベトナム国籍の無職、ダン・バン・トゥイ容疑者(28)で、今年2月、東京・新宿区の家電量販店でスマートフォン契約の本人確認のため他人名義の在留カードを提示した疑いが持たれています。

 在留カードの顔写真が本人でないことに店員が気づき、発覚しました。警視庁によりますと、ダン容疑者はすでに逮捕・起訴されている実行役のベトナム国籍の男(20代)ら3人に「報酬は3000円」などとSNSでメッセージを送り、購入を指示していたということです。

 警視庁は転売目的だったとみて余罪について調べていますが、取り調べに対し、ダン容疑者は「身に覚えがありません」と容疑を否認しています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

9月19日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:9月19日 4時02分

ニュース番組ダイジェスト

9月19日(木)の社会ニュース

9月17日(火)の社会ニュース

9月16日(月)の社会ニュース

9月15日(日)の社会ニュース

9月14日(土)の社会ニュース

9月13日(金)の社会ニュース

9月12日(木)の社会ニュース

9月11日(水)の社会ニュース

過去のニュース