0分55秒

トランプ氏 ボルトン氏更迭、“北朝鮮にリビア方式は大間違い”

 アメリカのトランプ大統領は11日、更迭したボルトン前大統領補佐官について、北朝鮮問題で「大きな間違いを犯した」と語りました。

 「ボルトン氏はいくつかの非常に大きな間違いを犯した。金正恩(キム・ジョンウン)氏に向けてリビア方式について語ったのは良くなかった」(アメリカ トランプ大統領)

 ボルトン氏は北朝鮮との非核化交渉をめぐり、アメリカがリビアに対し、核を完全に放棄したあとに見返りを与えた『リビア方式』を適用すべきだと主張してきました。ただ、リビアではそのあと政権が崩壊し、最高指導者のカダフィ氏が殺害されたため、トランプ氏は、ボルトン氏が『リビア方式』に言及したことで北朝鮮側が警戒し、交渉が「非常に後退した」との認識を示しました。

 北朝鮮は非核化を段階的に進め、その段階ごとに制裁の緩和や体制の保証を得ることを求めていて、トランプ政権が今後、譲歩するのかどうかが大きな焦点となっています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

9月19日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:9月19日 17時02分

ニュース番組ダイジェスト

9月19日(木)の国際ニュース

9月18日(水)の国際ニュース

9月17日(火)の国際ニュース

9月16日(月)の国際ニュース

9月15日(日)の国際ニュース

9月14日(土)の国際ニュース

9月13日(金)の国際ニュース

9月12日(木)の国際ニュース

過去のニュース