0分58秒

BMW日本法人に公取が立ち入り検査

 ドイツの自動車メーカー「BMW」の日本法人が販売店に過剰なノルマを課していたなどとして、独占禁止法違反の疑いで公正取引委員会の立ち入り検査を受けました。

 公正取引委員会が11日、立ち入り検査を行ったのは、東京・千代田区にあるドイツの「BMW」の日本法人、「ビー・エム・ダブリュー」です。関係者によりますと、「ビー・エム・ダブリュー」は数年前から複数の販売店に対して、通常の営業活動では達成できない販売台数のノルマを課していたほか、ノルマが達成できない販売店には新車を購入させる取り引き条件を設けていた独占禁止法違反の疑いが持たれています。

 独占禁止法では、取引上の地位が上位にあることを利用して不利益を与えることを「優先的地位の乱用」として禁止しています。

 「ビー・エム・ダブリュー」は取材に対して、公正取引委員会から立ち入り検査を受けたことを認めたうえで、「検査に協力する。詳細は検査中のため差し控える」としています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

9月18日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:9月18日 15時02分

ニュース番組ダイジェスト

9月18日(水)の社会ニュース

9月17日(火)の社会ニュース

9月16日(月)の社会ニュース

9月15日(日)の社会ニュース

9月14日(土)の社会ニュース

9月13日(金)の社会ニュース

9月12日(木)の社会ニュース

9月11日(水)の社会ニュース

過去のニュース