0分43秒

小泉環境相「原発どうやったらなくせるか」

 小泉進次郎環境大臣は就任記者会見で、原発について「どうやったらなくせるのかを考え続ける」と述べ、原発に頼らない国づくりを目指すべきだとの考えを示しました。

 「どうやったら残せるかではなく、どうやったらなくせるかを考え続けていきたい」(小泉進次郎環境相)

 就任会見で、原発に対する考え方を聞かれた小泉大臣は、このように述べ、原発依存度を下げて再生可能エネルギーの比率を高めたいという考えを示しました。

 また、原発事故について「一つの国で二度起こしたら終わりだ」と話し、今後も福島に関与し続けたいと決意を語りました。

 一方、汚染土の問題や最終処分場の選定などについては「地元の理解なくして実現なし」と述べたものの、具体的な道筋などについては言及しませんでした。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

9月18日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:9月18日 15時02分

ニュース番組ダイジェスト

9月18日(水)の社会ニュース

9月17日(火)の社会ニュース

9月16日(月)の社会ニュース

9月15日(日)の社会ニュース

9月14日(土)の社会ニュース

9月13日(金)の社会ニュース

9月12日(木)の社会ニュース

9月11日(水)の社会ニュース

過去のニュース