萩生田文科相、加計問題への関与を改めて否定

 第4次安倍再改造内閣が発足し、萩生田光一文部科学大臣が初登庁しました。その後行われた会見では、加計学園の獣医学部新設をめぐる問題への関与を改めて否定しました。

 萩生田光一文部科学大臣は11日夜、職員に拍手で迎えられ、初登庁しました。萩生田文部科学大臣をめぐっては、おととし、加計学園の獣医学部の開学時期について、総理の考えを伝えたと記された文科省の文書が出てきたことが問題となりました。初登庁後に行われた会見では、この問題について、「私が獣医学部開設を後押ししたり、指示したりした事実は一切なかった」と改めて関与を否定しました。

 文科省の文書については、「このような文書がなぜ出てきたか、不思議でしょうがない」と話しました。また、教育勅語については、「法制上の効力は失効している」としたうえで、「教育勅語そのものとは離れて、友達を大切にするなどの考えは現代も通用する」としています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

9月18日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:9月18日 14時02分

ニュース番組ダイジェスト

9月18日(水)の社会ニュース

9月17日(火)の社会ニュース

9月16日(月)の社会ニュース

9月15日(日)の社会ニュース

9月14日(土)の社会ニュース

9月13日(金)の社会ニュース

9月12日(木)の社会ニュース

9月11日(水)の社会ニュース

過去のニュース