0分51秒

金融庁が「かんぽ」「日本郵便」を立ち入り検査、保険の不正販売

 「かんぽ生命」が保険を不正に販売していた問題で、金融庁は11日朝から「かんぽ生命」と「日本郵便」に立ち入り検査に入っています。

 関係者によりますと、今回の検査は保険を不正に販売していた「かんぽ生命」と「日本郵便」の本社が対象で、保険業法に基づき販売体制の実態や不正の原因などを調べる方針です。具体的には、経営陣や従業員がいつから不正を把握していたのか聞き取り調査などを実施するほか、営業ノルマや営業マニュアルについても問題がなかったか検査を行います。

 かんぽ生命が顧客に不利益を与えた可能性がある保険契約はおよそ18万3000件あり、検査は長期に及ぶ可能性があるということです。金融庁は今回の検査の結果を踏まえ、業務改善命令などの行政処分を検討する方針です。

 かんぽ生命は「金融庁検査に対しては真摯に対応し、一日でも早い信頼回復に努めて参りたい」とコメントしています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

9月18日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:9月18日 14時02分

ニュース番組ダイジェスト

9月18日(水)の経済ニュース

9月17日(火)の経済ニュース

9月16日(月)の経済ニュース

9月15日(日)の経済ニュース

9月13日(金)の経済ニュース

9月12日(木)の経済ニュース

9月11日(水)の経済ニュース

過去のニュース