1分8秒

内閣改造・党役員人事ポイントは

 今回の内閣改造・自民党役員人事の注目点について、官邸キャップの後藤記者に聞きます。

 「安定と挑戦」を掲げた安倍総理、この新たな顔ぶれで、今後どういったテーマに挑戦していくのでしょうか。まず、注目される点は憲法改正です。自民党の役員会で安倍総理は、新たな役員とともに憲法改正に取り組む決意を改めて示しました。来月予定される秋の臨時国会では他党との間で憲法論議を進めたい考えで、まだ決まっていない党の憲法改正推進本部長に誰を起用するのか、安倍総理の本気度を測る尺度となりそうです。

 一方、外交面では悪化の一途をたどる日韓関係にどう取り組むかも課題です。今回の改造では、外務・防衛・経済産業の3閣僚が交代しました。この新たな3閣僚が外交・安全保障・貿易の分野で、韓国にどういった姿勢で向き合うのか、国際社会が注目しています。

 安倍総理は11日夕方、記者会見で内閣改造の意義などについて、自ら説明する予定です。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

9月18日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:9月18日 14時02分

ニュース番組ダイジェスト

9月18日(水)の政治ニュース

9月17日(火)の政治ニュース

9月16日(月)の政治ニュース

9月15日(日)の政治ニュース

9月13日(金)の政治ニュース

9月12日(木)の政治ニュース

9月11日(水)の政治ニュース

過去のニュース