0分49秒

米大統領、ボルトン大統領補佐官の更迭発表

 アメリカのトランプ大統領は10日、政権内で安全保障政策を担当し、強硬派として知られるボルトン大統領補佐官の更迭を発表しました。

 トランプ氏は10日、ツイッターに「昨夜、ボルトン氏に対し、これ以上、ホワイトハウスでの仕事は必要ないと伝えた」と投稿し、更迭を通告したことを明らかにしました。ボルトン氏による多くの提案が自身の考えに合わなかったことから辞任を求め、10日の朝に同意を得たとしています。

 一方、ボルトン氏は10日、「私が昨夜、辞任を申し出たところ、トランプ大統領から『明日話そう』と言われた」とツイッターに書き込んでいて、両者の説明は食い違っています。

 ボルトン氏は、特に、イランや北朝鮮に対する強硬派として政権の安全保障政策に影響を与えてきましたが、最近は、トランプ氏との意見の違いが指摘されていました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

9月19日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:9月19日 5時02分

ニュース番組ダイジェスト

9月19日(木)の国際ニュース

9月17日(火)の国際ニュース

9月16日(月)の国際ニュース

9月15日(日)の国際ニュース

9月14日(土)の国際ニュース

9月13日(金)の国際ニュース

9月12日(木)の国際ニュース

9月11日(水)の国際ニュース

過去のニュース