1分6秒

香港デモ、“禁止命令”で空港正常化へ

 香港の国際空港では抗議デモの影響を受け、2日連続で欠航が相次いでいましたが、裁判所がデモ禁止命令を出したことで、便は通常に戻りつつあります。一方で、夜には、市街地で警官隊がデモ隊を強制排除。週末にかけてもデモが計画されていて、混乱が続きそうです。

 香港の国際空港では、逃亡犯条例の改正案などへの抗議デモの影響で、13日まで多くの航空便が欠航となっていました。

 「蹴られています。車が蹴られています。警察車両が蹴られています」(記者)

 13日夜には警官隊とデモ隊が一時衝突し、5人が逮捕されました。

 航空当局は14日、搭乗券やパスポートをチェックして入場規制を開始。裁判所も空港でのデモ行為を禁止する臨時の命令を出したことでデモの参加者は大幅に減り、航空便の運航は通常に戻りつつあります。

 一方で、夜には、九龍地区で抗議デモが行われ、一部のデモ隊が警察署を包囲しましたが、警官隊が催涙弾などを使って強制排除しました。

 香港では、週末にかけて連日、抗議集会やデモが計画されていて、混乱は続くとみられます。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

8月19日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:8月19日 12時02分

ニュース番組ダイジェスト

8月18日(日)の国際ニュース

8月17日(土)の国際ニュース

8月16日(金)の国際ニュース

8月15日(木)の国際ニュース

8月14日(水)の国際ニュース

8月13日(火)の国際ニュース

8月12日(月)の国際ニュース

過去のニュース