1分13秒

台風10号接近、交通機関に大きな影響

 台風10号の接近に伴い、交通機関にも大きな影響が出ています。

 JR西日本は15日、山陽新幹線の新大阪~小倉間で、始発から終日、全ての運転を見合わせます。東海道新幹線も運行が予定されていた412本のうち、55本を運休します。さらに、九州新幹線も、15日、始発から本数を減らして運行する予定です。JRの在来線は、四国と岡山、広島、山口県内では、全て運休となる予定です。

 また空の便では、15日、西日本を発着する便について、全日空がおよそ140便の欠航を、日本航空がおよそ180便の欠航を決めています。

 一方、日本道路交通情報センターによりますと、上り線の関越自動車道・高坂サービスエリア付近で、15日午後5時には35キロの渋滞が予想されています。高速道路各社は、今後、台風の接近に伴い通行止めになる区間が出るおそれもあるとして、最新の情報を確認するよう呼びかけています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

8月19日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:8月19日 12時02分

ニュース番組ダイジェスト

8月19日(月)の社会ニュース

8月18日(日)の社会ニュース

8月17日(土)の社会ニュース

8月16日(金)の社会ニュース

8月15日(木)の社会ニュース

8月14日(水)の社会ニュース

8月13日(火)の社会ニュース

8月12日(月)の社会ニュース

過去のニュース