1分15秒

台風10号、動き遅く影響長引く

 台風10号について、村木祐輔気象予報士の解説です。

 これからが雨の中心となりますし、暗い時間帯は危険な場所には基本的には近づかないようにしていただきたいと思います。

 台風の雨雲、既に日本海の方にまで広がっていて、九州から東海にかけて非常に発達した雨雲がかかって、既に広い範囲で大雨警報が発表されています。

 九州では風も強まってきて、暴風域に九州南部は既に入ってきています。台風は今後、北上して、15日の午前中には四国または九州に上陸、その後、夜には日本海に進む予想となっています。

Q.これから、まさにピークを迎えていくことになりますね?

 暴風域も大きいので、一日中、暴風雨に見舞われるところもあるようですので、やはり雨が一番警戒が必要となります。特に四国ですとか、紀伊半島では、非常に激しい雨、猛烈な雨が降り続け、災害級の大雨となるところもあります。台風の進路に当たる中国地方、東日本でも活発な雨雲がかかって大雨となりそうです。

 予想される雨量は、四国や紀伊半島では非常に雨の量が多くなります。四国では24時間に1000ミリで、16日にかけて、さらに雨量が増える予想となっています。長期間にわたって、土砂災害や川の増水などに警戒が必要となりそうです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

8月19日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:8月19日 14時02分

ニュース番組ダイジェスト

8月19日(月)の社会ニュース

8月18日(日)の社会ニュース

8月17日(土)の社会ニュース

8月16日(金)の社会ニュース

8月15日(木)の社会ニュース

8月14日(水)の社会ニュース

8月13日(火)の社会ニュース

8月12日(月)の社会ニュース

過去のニュース