1分9秒

三大テノール、プラシド・ドミンゴ氏がセクハラか

 世界的なオペラ歌手で三大テノールの1人として知られるプラシド・ドミンゴさんにセクハラの疑惑が浮上し、出演予定のコンサートが中止されるなどの影響が広がっています。

 AP通信は、ドミンゴさんからセクハラを受けたとする9人の女性の証言を報じました。それによりますと、女性たちはいずれも歌手やダンサーで、ドミンゴさんは仕事をちらつかせながら自分と性的な関係を持つよう迫ったほか、自宅で歌うよう女性を呼び出したうえで、スカートの中に手を入れようとしたということで、ドミンゴさんのセクハラは、オペラ界では公然の秘密だったとしています。

 被害を訴えた女性の中には、ドミンゴさんが現在、総監督を務める「ロサンゼルス・オペラ」の歌手だった女性も含まれていて、「ロサンゼルス・オペラ」は第三者による調査で事実関係の解明に乗り出すと発表しました。

 ドミンゴさんは「私を知る人は、私が意図的に人を傷つける人間ではないと分かっている」「一方で、今と過去でルールや基準が異なることを私は認識している」とする声明を発表しました。

 セクハラ疑惑の浮上を受け、サンフランシスコ・オペラなどはドミンゴさんの公演を今後中止すると発表しています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

8月19日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:8月19日 13時02分

ニュース番組ダイジェスト

8月19日(月)の国際ニュース

8月18日(日)の国際ニュース

8月17日(土)の国際ニュース

8月16日(金)の国際ニュース

8月15日(木)の国際ニュース

8月14日(水)の国際ニュース

8月13日(火)の国際ニュース

8月12日(月)の国際ニュース

過去のニュース