0分45秒

“大型”台風10号、大雨・土砂災害に厳重警戒

 大型の台風10号は、15日にかけて四国に接近、上陸し、西日本を縦断する見込みです。気象庁は大雨による土砂災害などに厳重な警戒を呼びかけています。

 大型の台風10号は種子島の南東の海上を北へと進んでいて、15日には四国に上陸し、西日本を縦断する見込みです。広い範囲で大雨となり、総雨量が多いところで1000ミリを超えるおそれがあります。

 「西日本・東日本の広い範囲で大雨・暴風・高潮などの災害のおそれがあります」(気象庁 黒良龍太 主任予報官、13日午後)

 現在は潮位の変動が激しい大潮の時期にあたり、台風の接近に伴って高潮のおそれがあります。西日本では14日夜から猛烈な風が吹くところもあり、気象庁は早めの避難を呼びかけています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

8月19日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:8月19日 13時02分

ニュース番組ダイジェスト

8月19日(月)の社会ニュース

8月18日(日)の社会ニュース

8月17日(土)の社会ニュース

8月16日(金)の社会ニュース

8月15日(木)の社会ニュース

8月14日(水)の社会ニュース

8月13日(火)の社会ニュース

8月12日(月)の社会ニュース

過去のニュース