0分52秒

70歳まで就業機会を、来年法改正へ

 政府は、希望する人が70歳まで働き続けられるよう就業機会の確保を促進するための法改正を、来年の通常国会で目指す考えを示しました。

 「人生100年時代を迎えて、元気で意欲ある高齢者の方々に、その経験や知恵を社会で発揮していただけるよう70歳までの就業機会の確保に向けた法改正を目指します」(安倍首相)

 安倍総理は総理官邸で開かれた「未来投資会議」で、希望する人は70歳まで就業の機会が確保されるための法改正を、来年の通常国会で目指す考えを示しました。

 今の法制度では、定年延長などにより希望者全員を65歳まで雇用するよう企業に義務づけていますが、政府はこうした規定に加え、他の企業での再就職や起業を支援することなどを改正案に新たに盛り込み、70歳までの就業機会の確保を進めたい考えです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

5月22日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月22日 20時02分

ニュース番組ダイジェスト

5月22日(水)の政治ニュース

5月21日(火)の政治ニュース

5月20日(月)の政治ニュース

5月19日(日)の政治ニュース

5月18日(土)の政治ニュース

5月17日(金)の政治ニュース

5月16日(木)の政治ニュース

5月15日(水)の政治ニュース

過去のニュース