0分48秒

サウジの石油関連施設にドローン攻撃、「フーシ派」犯行認める

 サウジアラビアの石油関連施設でドローンによる攻撃があり、イエメンの武装組織「フーシ派」が犯行を認めました。

 イエメンのイスラム教シーア派の武装組織「フーシ派」は14日、声明で、サウジアラビアの首都リヤド近くにある石油関連施設2か所にドローンによる攻撃を行ったと明らかにしました。サウジアラビアのエネルギー相も攻撃を受けたことを認めたうえで、火災が起きたものの鎮火され、石油の生産や輸出への影響はないとしています。

 イエメンでは、イランの支援を受ける「フーシ派」と、サウジアラビアが率いる連合軍との内戦が続いています。12日にはホルムズ海峡でサウジアラビアのタンカーが攻撃されたばかりで、今回の攻撃との関連は不明ですが、サウジアラビアとイランの緊張がさらに高まることが懸念されています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

5月22日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月22日 19時02分

ニュース番組ダイジェスト

5月22日(水)の国際ニュース

5月21日(火)の国際ニュース

5月20日(月)の国際ニュース

5月19日(日)の国際ニュース

5月18日(土)の国際ニュース

5月17日(金)の国際ニュース

5月16日(木)の国際ニュース

5月15日(水)の国際ニュース

過去のニュース