1分34秒

ノーベル賞、本庶さん「実感はこれから」

 ノーベル医学生理学賞に選ばれた本庶佑さんは、授賞式が行われるスウェーデンに到着後、家族との夕食を楽しみました。本庶さんは取材に対し、「実感はこれから」と心境を語りました。

 京都大学の本庶佑特別教授は現地時間の5日夕方、妻の滋子さんら家族とストックホルムのホテルに到着しました。その後、本庶さんは授賞式を前にした心境を語りました。

Q.実感は湧いてきましたか?

 「まだこれからですね」(京都大学 本庶佑 特別教授)

Q.寒さはいかがですか?

 「寒いですね」(京都大学 本庶佑 特別教授)

 本庶さんは日本を発つ前、「寒さが心配」と話していましたが、5日夜はマイナス1度まで冷え込んだこともあり、現地の厳しい寒さに驚いていた様子でした。妻の滋子さんによりますと、本庶さんは、機内で十分睡眠をとったということで、現地では早速、家族との夕食を楽しみ、ホテルに戻った際には現地の人のサインの求めに応じていました。

 7日には記念講演が行われますが、本庶さんはがん免疫療法実現までの道筋や、今後の研究の展望について伝えたいとしています。授賞式は日本時間11日未明に行われ、本庶さんは授賞式や晩餐会に自前の和装で出席します。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

12月10日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:12月10日 6時02分

ニュース番組ダイジェスト

12月10日(月)の国際ニュース

12月9日(日)の国際ニュース

12月8日(土)の国際ニュース

12月7日(金)の国際ニュース

12月6日(木)の国際ニュース

12月5日(水)の国際ニュース

12月4日(火)の国際ニュース

12月3日(月)の国際ニュース

過去のニュース