1分8秒

在日米軍機同士が空中接触し落下 四国沖

 アメリカ軍岩国基地に所属するFA18戦闘攻撃機とKC130空中給油機が、高知県沖の上空で接触し、海上に落下しました。

 防衛省によりますと、6日午前1時50分ごろ、山口県岩国市にあるアメリカ軍岩国基地に所属するFA18戦闘攻撃機とKC130空中給油機が高知県室戸岬の南南東およそ100キロの上空で接触し、海上に落下したという情報がアメリカ軍から寄せられたということです。戦闘攻撃機には2人、空中給油機には5人が搭乗していたということで、西村官房副長官は、このうち1人を海上自衛隊が救助したとしています。

 アメリカ海兵隊は「FA18とKC130は岩国基地を飛び立ち、定期的な訓練を行っていた。事故の状況は調査中で捜索救助活動が続けられている」というコメントを発表しています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

12月10日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:12月10日 6時02分

ニュース番組ダイジェスト

12月10日(月)の国際ニュース

12月9日(日)の国際ニュース

12月8日(土)の国際ニュース

12月7日(金)の国際ニュース

12月6日(木)の国際ニュース

12月5日(水)の国際ニュース

12月4日(火)の国際ニュース

12月3日(月)の国際ニュース

過去のニュース