1分13秒

児童相談センター 通告受けるも認定せず、乳児虐待死

 12年前、東京・新宿で生後11か月の女の子が亡くなり、義理の父が逮捕された事件で、当時、児童相談センターが女の子が運ばれた病院から「虐待の疑いがある」と通告を受けたものの、虐待と認定していなかったことが分かりました。

 堀田伸輔容疑者(42)は2006年12月、義理の娘の櫻井亜衣ちゃんに暴行を加え、死亡させた疑いで逮捕されました。

 当時、亜衣ちゃんは病院に運ばれましたが、病院が「虐待の疑いがある」と都の児童相談センターに通告していたことが分かりました。通告を受け児相は母親から話を聞くなど調査しましたが、亜衣ちゃんが亡くなり、支援の必要がなくなったことなどから虐待と認定せず、調査を終えたということです。

 現在は、死亡したケースについても再発防止のため自治体が検証することになっていて、児相は「当時の対応は適切だった」としたうえで、詳しい経緯を調べることも検討すると話しています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

11月16日(金)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:11月16日 6時02分

ニュース番組ダイジェスト

11月16日(金)の社会ニュース

11月14日(水)の社会ニュース

11月13日(火)の社会ニュース

11月12日(月)の社会ニュース

11月11日(日)の社会ニュース

11月10日(土)の社会ニュース

11月9日(金)の社会ニュース

過去のニュース