1分6秒

保護解除後に暴行か、12年前の虐待死事件

 12年前、東京・新宿で生後11か月の女の子が虐待を受けて死亡した事件で、女の子は乳児院での保護が解除されたあとに義理の父親から暴行を受けていたことが分かりました。

 自称・建設作業員の堀田伸輔容疑者(42)は、2006年12月、東京・新宿のマンションで生後11か月だった義理の娘の桜井亜衣ちゃんに暴行を加え、頭の骨を折るなどして死亡させた疑いが持たれています。その後の取材で、亜衣ちゃんは事件の半年前から母親の体調不良を理由に、都の児童相談センターの判断で乳児院で保護され、事件の2週間ほど前に一時帰宅していたことが分かりました。

 家庭環境に問題ないとして保護の措置が正式に解除されたあとに事件が起きていて、警視庁は一時帰宅の間に堀田容疑者が虐待を繰り返したとみて調べています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

11月16日(金)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:11月16日 5時02分

ニュース番組ダイジェスト

11月16日(金)の社会ニュース

11月14日(水)の社会ニュース

11月13日(火)の社会ニュース

11月12日(月)の社会ニュース

11月11日(日)の社会ニュース

11月10日(土)の社会ニュース

11月9日(金)の社会ニュース

過去のニュース