1分37秒

六価クロム含む産廃不法投棄、廃棄物処理法違反容疑で8人逮捕

 毒性が強く発がん性のある「六価クロム」を含む産業廃棄物を都内の住宅地に垂れ流しながら運び、茨城県内に不法投棄したとして男女8人が逮捕されました。

 逮捕されたのは、建物解体業の久賀野光正容疑者(48)と高橋時男容疑者(66)ら男女8人です。8人は去年5月から7月にかけて、茨城県笠間市の山に囲まれた空き地に、メッキ工場の解体現場から出たがれきやプラスチックなどの産業廃棄物を不法に投棄した疑いが持たれています。

 「容疑者らが工場から廃棄物を運び出した際、周辺の道路には廃液が垂れ流しになっていたということです」(原田真衣記者)

 警視庁によりますと、メッキ工場の跡地からは、非常に毒性が強く発がん性のある「六価クロム」が最大で環境基準のおよそ6000倍検出されていて、廃棄物が運ばれる際、住宅街に廃液が垂れ流されて道路が変色したということです。

 「においはやっぱり、変なにおいがしてましたね。六価クロムの垂れ流しが、土手までぐーっとつながっていて」(解体現場近くの住民)

 8人は、廃棄物の処理をおよそ1500万円で請け負っていて、警視庁は処分費用を安くするため不法投棄したとみていますが、取り調べに対し、久賀野容疑者は「不法投棄したつもりはない」と容疑を否認しています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

11月16日(金)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:11月16日 5時02分

ニュース番組ダイジェスト

11月16日(金)の社会ニュース

11月14日(水)の社会ニュース

11月13日(火)の社会ニュース

11月12日(月)の社会ニュース

11月11日(日)の社会ニュース

11月10日(土)の社会ニュース

11月9日(金)の社会ニュース

過去のニュース