2分41秒

東京医大以外でも不正入試か

 医学部の不正入試問題。文部科学省の調査で、東京医大のほかにも女性を差別するような入試が行われていた疑いが出てきました。

 東京医科大学で女子や浪人生を不当に差別する入試が行われていた問題。文部科学省は、先月から医学部医学科を設置する全国81の大学を調査しています。先月4日には、過去6年間の全国の医学部入試の結果が公表され、複数の大学で男子の合格率が女子の合格率を大きく上回っていることがわかりました。

 「1.67が一番高くて、一番低くて弘前大学の0.75が一番低い」

 国公立を含め81ある医学部のうち、全国で一番高かった私立の順天堂大学の1.67という数字は、男子が女子に比べて1.67倍合格しやすいという意味です。2位は、私立の昭和大学と東北医科薬科大学で、男子が女子に比べて1.54倍合格しやすいという結果になっています。

 こうした調査の結果、東京医大を除く全ての大学から「入試における差別はない」と回答がきました。つまり、入試において女子を差別していないということでした。しかし、12日になって不正入試の疑いがある大学が、複数あることがわかったのです。

 「各大学から、不適切な(得点)操作はないとの回答を得ていたにもかかわらず、このような事態に至っていることは、私は問題だと考えます」(柴山昌彦 文科相)

 会見では男女の受験生で扱いに不当な差を設けていたり、特定の受験生を優先的に合格させたと疑われるケースが見つかったということです。会見で柴山大臣は、不正な入試を行っていた大学については、自主的に公表をすることを要求しました。文科省もさらなる調査を進めていて、年末までには最終結果を公表する方針です。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

10月17日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:10月17日 5時02分

ニュース番組ダイジェスト

10月17日(水)の社会ニュース

10月16日(火)の社会ニュース

10月15日(月)の社会ニュース

10月14日(日)の社会ニュース

10月13日(土)の社会ニュース

10月12日(金)の社会ニュース

10月11日(木)の社会ニュース

10月10日(水)の社会ニュース

過去のニュース