「松橋事件」で最高裁が再審認める決定

 33年前、熊本県で男性が殺害されたいわゆる松橋事件で、殺人などの罪で懲役13年の刑が確定して服役した男性について、最高裁は一審、二審に続き、再審、裁判のやり直しを認める決定を出しました。

 1985年、当時の熊本県松橋町、現在の宇城市の住宅で59歳の男性が殺害されたいわゆる松橋事件では、現在85歳の宮田浩喜さんが殺人などの罪で懲役13年の刑が確定し服役しました。

 宮田さんは服役後の2012年に再審、裁判のやり直しを求め、おととし、熊本地裁が再審を認める決定を出し、福岡高裁も再審を認める決定を出しています。

 検察側は不服として特別抗告していましたが、最高裁は12日までに特別抗告を退ける決定をしました。これで松橋事件の再審開始が確定しました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

10月17日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:10月17日 5時02分

ニュース番組ダイジェスト

10月17日(水)の社会ニュース

10月16日(火)の社会ニュース

10月15日(月)の社会ニュース

10月14日(日)の社会ニュース

10月13日(土)の社会ニュース

10月12日(金)の社会ニュース

10月11日(木)の社会ニュース

10月10日(水)の社会ニュース

過去のニュース