1分35秒

警視庁鑑識課がドローン、赤外線カメラで捜索活動も

 事件現場での指紋採取など証拠となる痕跡を集める警視庁の鑑識課が、上空から現場の状況を把握するため鑑識活動にドローンを活用する訓練を公開しました。

 「警視庁の鑑識課がドローンを飛ばしています。映像などを見て分析をしながら、警察犬や警察官が向かっています」(記者)

 12日午後、東京・東大和市で行われた訓練で鑑識課員が操縦するのは、警視庁が事件捜査への本格的な導入を始めたドローンです。死体遺棄事件を想定して鑑識課員がカメラを搭載したドローンを飛ばし、上空からの画像をモニターで確認。犯人の遺留品とみられるスコップを発見し、無線で現場の警察官に連絡を取り、警察犬が遺体を見つけました。

 こちらの大型のドローンには赤外線カメラが搭載されていて、建物の中に人がいるかどうかを捜すことができるといいます。

 警視庁は今年1月から鑑識活動にドローンを導入していて、7月に起きた東京・多摩市のビル建設現場での火事でもドローンで現場の状況を上空から確認していました。

 「今後も訓練を重ね、ドローンを鑑識活動に生かしてまいりたいと思います」(警視庁鑑識課 渡會幸治課長)

 警視庁は今後も幅広い捜査にドローンを活用していきたいとしています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

10月17日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:10月17日 5時02分

ニュース番組ダイジェスト

10月17日(水)の社会ニュース

10月16日(火)の社会ニュース

10月15日(月)の社会ニュース

10月14日(日)の社会ニュース

10月13日(土)の社会ニュース

10月12日(金)の社会ニュース

10月11日(木)の社会ニュース

10月10日(水)の社会ニュース

過去のニュース