1分11秒

果肉も赤いリンゴ 栽培に成功

 皮だけではなく果肉も赤い珍しいリンゴの栽培に、長野県の信州大学が成功しました。

 真っ赤に色づいた、ちょっと小ぶりのリンゴ。切ってみると、果肉も濃い赤みを帯びています。

 「スーパー赤果肉リンゴ」は、信州大学農学部の伴野潔教授が5年前から、紅玉やつがるといった多くの種類をさまざまなパターンで掛け合わせるなど研究を重ね、去年、今年と2年連続で収穫ができました。抗酸化作用があるとされる「アントシアニン」が果肉にも豊富に含まれ、ジャムやシードルなどへの加工も想定されています。

 「話題性もあるので、食べておいしければ、お客さんは付くと思う。切った時のインパクトがある」(リンゴ農家)

 伴野教授は「今後もおいしく、栽培しやすいリンゴの開発を目指したい」と話しています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

10月17日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:10月17日 5時02分

ニュース番組ダイジェスト

10月17日(水)の社会ニュース

10月16日(火)の社会ニュース

10月15日(月)の社会ニュース

10月14日(日)の社会ニュース

10月13日(土)の社会ニュース

10月12日(金)の社会ニュース

10月11日(木)の社会ニュース

10月10日(水)の社会ニュース

過去のニュース