1分37秒

ジャーナリスト不明、サウジ皇太子が拘束指示か

 サウジアラビア政府を批判してきたジャーナリストがトルコで行方不明になっている問題で、アメリカのワシントン・ポスト紙はアメリカ情報当局からの情報として、サウジアラビアのムハンマド皇太子が拘束を指示していたと報じました。

 この問題はアメリカを拠点にサウジアラビア批判を行ってきたサウジアラビア国籍のジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏が、今月2日にトルコ・イスタンブールにあるサウジアラビア領事館を訪れて以降、行方が分からなくなっているものです。トルコ当局はカショギ氏が領事館の中で殺害されたとの見方を示していますが、サウジアラビア側は否定しています。

 カショギ氏がコラムの執筆を行っていたアメリカのワシントン・ポスト紙は10日付けで、アメリカの情報当局がサウジ政府当局者の会話を傍受した内容から「サウジアラビアのムハンマド皇太子がカショギ氏を帰国させ、身柄を拘束することを指示していた」と報じました。

 トルコの複数のメディアはカショギ氏が行方不明になった2日にトルコに入国し、その日のうちに出国した15人のサウジアラビア人がカショギ氏の行方に関与していると報じ、空港での写真を掲載しています。

 「まずい状況だ。こんなことは記者にも誰にとってもあってはならない。我々は真相を究明する」(アメリカ トランプ大統領)

 アメリカのトランプ大統領はトルコ政府と連携をとっているとしたうえで、サウジアラビアの指導者と電話会談し、情報提供を求めたことを明らかにしました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

10月15日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:10月15日 21時02分

ニュース番組ダイジェスト

10月15日(月)の国際ニュース

10月14日(日)の国際ニュース

10月13日(土)の国際ニュース

10月12日(金)の国際ニュース

10月11日(木)の国際ニュース

10月10日(水)の国際ニュース

10月9日(火)の国際ニュース

10月8日(月)の国際ニュース

過去のニュース