1分6秒

森友問題、国交省が「ごみの深さ」めぐる新写真提出

 森友学園の国有地売却問題で、国土交通省は値引きの根拠とした地下のごみの深さに関する新たな写真を、11日、参議院の予算委員会に提出しました。

 これまで国は国有地売却を巡り、深さ3.8メートルからごみが見つかったことを値引きの根拠としてきましたが、過去に国交省が国会に提出した試掘現場の写真には「深さ3メートル」と書かれているなど、野党側は資料の信憑性に疑義があると指摘していました。

 11日、国交省が提出した新たな資料によると、実際に深さ4メートルまで試掘されているとされる写真が掲載されていて、試掘した会社は4メートルまで掘ったものを3メートルと誤って記載した可能性があるとしています。

 この会社は、誤記の理由について「経験の浅い従業員が誤って記載したものと思われる」とする回答書を提出しました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

10月18日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:10月18日 15時02分

ニュース番組ダイジェスト

10月18日(木)の政治ニュース

10月17日(水)の政治ニュース

10月16日(火)の政治ニュース

10月15日(月)の政治ニュース

10月14日(日)の政治ニュース

10月13日(土)の政治ニュース

10月12日(金)の政治ニュース

10月11日(木)の政治ニュース

過去のニュース