1分38秒

ヘイリー国連大使辞任へ、次の大使候補に元高官の女性検討

 アメリカのトランプ大統領に忠実とされるヘイリー国連大使が年内での辞任を表明したことを受け、トランプ氏は政権の元高官の女性を候補の1人として検討していると明らかにしました。

 「政府で仕事をする者にとって、いつ身を引くかをわきまえているのは重要です」(アメリカ ニッキー・ヘイリー国連大使)

 ヘイリー国連大使は9日、ホワイトハウスでトランプ大統領と面会し、正式に辞意を表明しました。トランプ大統領は、ヘイリー氏が年末に辞任するとしています。

 ヘイリー氏は、政権発足当初から国連大使を務め、北朝鮮への制裁やイランに対する圧力強化などの外交政策を支え、トランプ大統領に忠実な高官の一人とみられてきました。安保理関係者によりますと、辞任表明は、アメリカ国連代表部内でも直前まで知らされなかったということです。

 一方で、JNNが入手した辞任表明の手紙の日付は「今月3日」となっていて、発表の遅れを含め、辞任の理由などについても詳しいことは明らかになっていません。

 「ディナ・パウエル氏は後任として、検討に値する人物で実際検討しています」(アメリカ トランプ大統領)

 こうした中、トランプ大統領はヘイリー氏の後任として、今年初めまで国家安全保障担当の副補佐官を務め、現在は金融大手のゴールドマン・サックス社に勤めるパウエル氏を候補の1人として検討していることを明らかにしました。パウエル氏は、トランプ氏の信任が厚いとされています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

10月15日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:10月15日 22時02分

ニュース番組ダイジェスト

10月15日(月)の国際ニュース

10月14日(日)の国際ニュース

10月13日(土)の国際ニュース

10月12日(金)の国際ニュース

10月11日(木)の国際ニュース

10月10日(水)の国際ニュース

10月9日(火)の国際ニュース

10月8日(月)の国際ニュース

過去のニュース