テイラーさん“共和党不支持”表明、中間選挙でトランプ政権に逆風

 トランプ大統領に逆風です。世界的な人気があるアメリカのアーティストが、共和党候補を支持しないと表明しました。

 若者を中心に世界中で人気のシンガーソングライター、テイラー・スウィフトさん(28)。日本でも人気で、来月には東京ドームで2回の公演を行うことが決まっています。そのスウィフトさんは7日、1億人を超えるフォロワーを持つ自らのインスタグラムに、こんな長文を投稿しました。

 「来月6日に行われる中間選挙について書きます。私はテネシー州で投票しますが、今回は民主党の候補者2人に投票します」(テイラー・スウィフトさん インスタグラムより 7日)

 スウィフトさんはこれまで、政治的な意見を明らかにしないことで知られていました。しかし、今回、“沈黙”を破った理由について、こう説明しました。

 「ジェンダーや肌の色、性的指向にかかわらず、全てのアメリカ国民の尊厳のために戦う意思がない人には投票できない」(スウィフトさん)

 その上で、ゲイカップルには結婚する権利がないと考えるなど、性的少数者に対して反対的な立場をとる現職の共和党候補、マーシャ・ブラックバーン氏を批判し、不支持を表明したのです。

 「テイラーは、ブラックバーン氏について何も分かっていないだろう。テイラー氏の音楽は好きだが、今は25%嫌いになったってことにしておこう」(アメリカ トランプ米大統領)

 冗談交じりにそう答え、歩き去ったトランプ氏ですが、今回のスウィフトさんの投稿には既に170万以上の「いいね!」が付いていて、女性の投票者らに大きな影響を与えそうです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

10月15日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:10月15日 21時02分

ニュース番組ダイジェスト

10月15日(月)の国際ニュース

10月14日(日)の国際ニュース

10月13日(土)の国際ニュース

10月12日(金)の国際ニュース

10月11日(木)の国際ニュース

10月10日(水)の国際ニュース

10月9日(火)の国際ニュース

10月8日(月)の国際ニュース

過去のニュース