1分33秒

カバノー米最高裁判事の宣誓式、トランプ氏性暴力疑惑は「うそ」

 性的暴力の疑惑が浮上しながらアメリカの連邦最高裁判事に承認されたカバノー氏の宣誓式が行われ、トランプ大統領が「疑惑はうそに基づくものだった」と告発した側を批判しました。

 「公職に就くことを申し出る人は、うそや欺瞞に基づく政治的・個人的な破壊ではなく、公正で敬意に基づく評価を受けるべきだ」(アメリカ トランプ大統領)

 「神のご加護がありますように」(ブレット・カバノー最高裁判事)

 8日、アメリカの連邦最高裁判事に就任したカバノー氏をめぐっては、過去に性的暴力を受けたと訴える女性が実名で証言し、FBI=連邦捜査局が調査を実施。短期間の調査で性的暴力の事実は証明されず、連邦議会上院が6日、人事案を承認したものの、最高裁前などでは抗議のデモが行われました。

 カバノー氏はこの間を振り返って、「論争が多く、感情的でもあったが終わったことだ」としたうえで、「全てのアメリカ市民にとって素晴らしい判事になりたい」と抱負を語っています。

 これで最高裁の判事9人のうち過半数の5人を保守派が占めることになり、今後、アメリカの司法判断は保守的な傾向が強まることになりそうです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

10月15日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:10月15日 22時02分

ニュース番組ダイジェスト

10月15日(月)の国際ニュース

10月14日(日)の国際ニュース

10月13日(土)の国際ニュース

10月12日(金)の国際ニュース

10月11日(木)の国際ニュース

10月10日(水)の国際ニュース

10月9日(火)の国際ニュース

10月8日(月)の国際ニュース

過去のニュース