TBSの動画ニュースサイト TBS NEWS

自民総裁選で初討論会、安倍氏と石破氏が直接対決
2分9秒

自民総裁選で初討論会、安倍氏と石破氏が直接対決

 自民党総裁選挙です。外遊から戻ってきた安倍総理と石破元幹事長が直接対決する初めての討論会が行われていて、論戦が繰り広げられています。国会記者会館から、長谷川亮記者の報告です。

 安倍総理は経済政策や外交分野での成果を強調したのに対し、石破元幹事長は得意の地方創生分野で「地方の潜在力を最大限に引き出す」と訴えました。

 「この5年9か月、3本の矢の政策によって、誰にも働く場所がある真っ当な経済を取り戻し、そして地球儀を俯瞰する外交によって、日本は国際社会において、その大きな存在感を取り戻すことができました」(安倍首相)

 「この国が30年先、50年先、100年先も、きちんと存続していくために、今やらねばならないことは何なのか、それを明確にすることであります。いかにして地方に雇用と所得、そのために私は全力を尽くし、次の時代に日本が残るようにしていく」(自民党 石破茂元幹事長)

Q.この討論会で浮き彫りになった両者の違いとは何でしょうか?

 石破氏が防災対応専門の「防災省」の設置を主張したのに対して、安倍総理は消極的な考えを示しました。

 「私はその平時からの体制として、防災専門の行政の部署が必要だと思う」(自民党 石破茂元幹事長)

 「大きな災害が起こったときには、全省庁が取り組まなければならない。タイムリーに糾合して、指示をすることができるのは総理大臣だけ」(安倍首相)

 さらに、政治姿勢についても議論になりました。石破氏は、「不都合な情報でも国民に誠実に説明することが重要だ」と主張したのに対し、安倍総理は森友・加計学園問題を念頭に、「国民の不信を招いてしまった。慎重に謙虚に政権運営に当たっていきたい」と語りました。

この記事の関連ニュース

いつでもどこでも情報を! TBS NEWSの公式アカウント
(外部サイトへ移動します)
Facebook Twitter YouTube LINE Instagram note

9月21日(金)のヘッドライン

注目キーワード別 記事一覧

TBS NEWS アクセスランキング 9月21日 9時02分

天気・ニュース番組ダイジェスト

9月21日(金)の「政治」ニュース

9月19日(水)の「政治」ニュース

9月18日(火)の「政治」ニュース

9月17日(月)の「政治」ニュース

9月15日(土)の「政治」ニュース

9月14日(金)の「政治」ニュース

PCサイトヘ

地震情報が入りました

ライブストリーミングが始まりました

速報の配信が始まりました

お知らせが通知されました