TBSの動画ニュースサイト TBS NEWS

訪朝の国連人道問題調整室長、人道支援の必要性訴え

訪朝の国連人道問題調整室長、人道支援の必要性訴え

 国連による食糧支援の現状などを視察するため、9日から北朝鮮を訪れている国連人道問題調整室の室長が、自身のツイッターで、子どもの栄養失調などにより人道支援が必要な北朝鮮の現状を訴えました。

 9日から訪朝しているOCHA=国連人道問題調整室のローコック室長が、北朝鮮南西部を訪問した動画をツイッターに投稿しました。国連による食糧支援の現状などを視察中で、人道支援の必要性を訴えています。

 「私たちが見たのは、北朝鮮に人道支援が必要だという明確な証拠です」(国連人道問題調整室 ローコック室長)

 ローコック室長は、北朝鮮の子どもたちの20%が栄養失調に苦しんでいるとした上で、農村地域の半数以上の子どもたちは、飲み水は汚染されているほか、訪問先の病院では140人の結核患者に対し、40人分しか治療薬がなかったと明らかにしました。ローコック室長は、こうした問題の解決のため多額の資金が必要だと強調しました。

 世界食糧計画によりますと、北朝鮮は洪水などによる食糧不足で人口のおよそ4割にあたる1000万人が何らかの支援を必要としているということです。

この記事の関連ニュース

7月18日(水)のヘッドライン

注目キーワード別 記事一覧

TBS NEWS アクセスランキング 7月18日 23時02分

天気・ニュース番組ダイジェスト

7月18日(水)の「国際」ニュース

7月17日(火)の「国際」ニュース

7月16日(月)の「国際」ニュース

7月15日(日)の「国際」ニュース

7月14日(土)の「国際」ニュース

7月13日(金)の「国際」ニュース

7月12日(木)の「国際」ニュース

7月11日(水)の「国際」ニュース

PCサイトヘ

地震情報が入りました

ライブストリーミングが始まりました

速報の配信が始まりました

お知らせが通知されました