TBSの動画ニュースサイト TBS NEWS

「廃棄した」森友交渉記録、理財局は発覚時点で存在把握
1分12秒

「廃棄した」森友交渉記録、理財局は発覚時点で存在把握

 森友学園への国有地売却をめぐる問題で、財務省理財局の複数の職員が去年2月の問題発覚の時点で、交渉記録が存在することを把握していたことが明らかになりました。

 この問題をめぐっては、財務省が国会で「廃棄した」と説明してきた森友学園側との交渉記録が大量に残っていたことがわかっています。

 関係者によりますと、去年2月に問題が発覚した後、財務省理財局の複数の職員が交渉記録が存在することを把握していたということです。また、理財局の一部の職員は「当時の佐川理財局長も交渉記録が存在していることを把握していたはずだ」と証言しているということで、財務省は調査を続けています。

 当時、理財局長だった佐川氏は去年の国会答弁で、「記録は廃棄している」と繰り返し説明していて、今後は佐川氏の証言の信ぴょう性が問われることになります。

この記事の関連ニュース

5月21日(月)のヘッドライン

注目キーワード別 記事一覧

TBS NEWS アクセスランキング 5月21日 18時02分

天気・ニュース番組ダイジェスト

5月21日(月)の「経済」ニュース

5月19日(土)の「経済」ニュース

5月18日(金)の「経済」ニュース

5月17日(木)の「経済」ニュース

5月16日(水)の「経済」ニュース

5月15日(火)の「経済」ニュース

5月14日(月)の「経済」ニュース

PCサイトヘ

地震情報が入りました

ライブストリーミングが始まりました

速報の配信が始まりました

お知らせが通知されました