TBSの動画ニュースサイト TBS NEWS

悪質タックル、日大監督は過去にも同様の“反則”指示か

悪質タックル、日大監督は過去にも同様の“反則”指示か

 アメリカンフットボールの日本大学の選手が悪質な反則をした問題です。日大の内田監督が去年の関西学院大学との試合でも、「クオーターバックを壊してこい」と別の選手に同様の指示をしていた疑いがあることが、日大関係者への取材で新たに分かりました。

 この問題は今月6日、アメリカンフットボールの日本大学と関西学院大学の定期戦で日大の守備選手が悪質な反則行為をしたものです。日大の調査に対して、内田監督は「反則行為を指示したことはない」と説明しているということですが、JNNの取材に対し、日大関係者は「反則行為をした選手が直接、内田監督から“1プレー目で相手のクオーターバックを壊してこい”などと指示を受けた」と話しています。

 さらに、日大関係者によりますと、内田監督は去年春の関西学院大学との定期戦で、別の選手にも「クオーターバックを壊してこい」と同じような指示をしていたということです。

 関西学院大学には抗議文に対する日大からの返答がすでに届いていますが、関西学院大学は、この返答への対応などについて、17日午後、記者会見を行う予定です。

この記事の関連ニュース

5月21日(月)のヘッドライン

注目キーワード別 記事一覧

TBS NEWS アクセスランキング 5月21日 19時02分

天気・ニュース番組ダイジェスト

5月21日(月)の「社会」ニュース

5月20日(日)の「社会」ニュース

5月19日(土)の「社会」ニュース

5月18日(金)の「社会」ニュース

5月17日(木)の「社会」ニュース

5月16日(水)の「社会」ニュース

5月15日(火)の「社会」ニュース

5月14日(月)の「社会」ニュース

PCサイトヘ

地震情報が入りました

ライブストリーミングが始まりました

速報の配信が始まりました

お知らせが通知されました