TBSの動画ニュースサイト TBS NEWS

緊急地震速報、気象庁は来月にも新たな改善策導入へ
0分59秒

緊急地震速報、気象庁は来月にも新たな改善策導入へ

 先月、ほぼ同時に発生した2つの地震を1つの地震とみなして緊急地震速報が出された問題で、気象庁は来月にも新たな改善策を導入する方針を決めました。

 先月5日、富山県西部と茨城県沖で、2.6秒差で地震が続けて発生しました。気象庁のコンピューターは2つの地震を1つの地震とみなして震度を予測し、関東地方と福島県に緊急地震速報が発表される「過大予測」となりました。コンピューターは当初、富山県西部の地震で予測を始めたものの、途中で震源が茨城県沖に置き換わってしまった上、マグニチュードの予測には富山の地震のデータを用いたため、過大予測になったということです。

 気象庁は13日の有識者会議で、推定されたマグニチュードの大きさと震源の近くで観測された地震波の大きさを比較し、「妥当」と判断されない場合は震源を置き換えないよう改善策を示しました。来月下旬から導入する方針です。

2月19日(月)のヘッドライン

注目キーワード別 記事一覧

TBS NEWS アクセスランキング 2月19日 19時2分

天気・ニュース番組ダイジェスト

2月19日(月)の「社会」ニュース

2月18日(日)の「社会」ニュース

2月17日(土)の「社会」ニュース

2月16日(金)の「社会」ニュース

2月15日(木)の「社会」ニュース

2月14日(水)の「社会」ニュース

2月13日(火)の「社会」ニュース

2月12日(月)の「社会」ニュース

PCサイトヘ

地震情報が入りました

ライブストリーミングが始まりました

速報の配信が始まりました

お知らせが通知されました