TBSの動画ニュースサイト TBS NEWS

イスラエルの首都、米大統領「エルサレム」と認定へ
1分28秒

イスラエルの首都、米大統領「エルサレム」と認定へ

 中東情勢に大きな影響を与えそうです。アメリカのトランプ大統領はエルサレムをイスラエルの首都と認めることを決め、6日に正式に発表することになりました。パレスチナやイスラム諸国の激しい反発が予想されます。ワシントンからの報告です。

 トランプ政権の高官は5日、大統領が「エルサレムをイスラエルの首都と認める」方針を最終決定し、国務省に対し、現在テルアビブにある大使館をエルサレムに移転するよう指示することを明らかにしました。トランプ大統領は6日に、正式に声明を発表する予定です。

 エルサレムにはユダヤ教、キリスト教、イスラム教のそれぞれの聖地があり、イスラエルの占領下にあるパレスチナも「将来の独立国家の首都」と主張していることから、国際社会はイスラエルの首都とは認めていません。

 「我々はアメリカ大使館を、ユダヤ人の永遠の首都であるエルサレムに移転する」(トランプ候補 当時)

 トランプ大統領は大使館のエルサレムへの移転を大統領選の公約に掲げ、今年5月のイスラエル訪問では東エルサレム旧市街のユダヤ教の聖地「嘆きの壁」を現職の大統領として初めて訪れるなど、「親イスラエル」の姿勢を鮮明にしていました。政権高官は実際の大使館の移転には「何年もかかる」との見通しを示しましたが、アメリカが仲介に立ってきた中東和平への影響は避けられない情勢です。

 トランプ大統領の今回の決断には、就任1年を前に重要公約の実現が遅れるなか、1つでも多くの成果をアピールしたいという思惑も透けて見えます。

この記事の関連ニュース

12月11日(月)のヘッドライン

注目キーワード別 記事一覧

TBS NEWS アクセスランキング 12月11日 16時2分

天気・ニュース番組ダイジェスト

12月11日(月)の「国際」ニュース

12月10日(日)の「国際」ニュース

12月9日(土)の「国際」ニュース

12月8日(金)の「国際」ニュース

12月7日(木)の「国際」ニュース

12月6日(水)の「国際」ニュース

12月5日(火)の「国際」ニュース

12月4日(月)の「国際」ニュース

PCサイトヘ

地震情報が入りました

ライブストリーミングが始まりました

速報の配信が始まりました

お知らせが通知されました