TBSの動画ニュースサイト TBS NEWS

イージス艦衝突事故、捜査の行方は?
1分58秒

イージス艦衝突事故、捜査の行方は?

 静岡県の伊豆半島沖でアメリカ海軍のイージス駆逐艦とコンテナ船が衝突した事故です。アメリカ海軍は、7人の乗組員全員が遺体で見つかったと発表、1人はまだ19歳でした。

 横須賀基地に停泊し、船体の復旧作業が行われているイージス艦「フィッツジェラルド」。水面より下は見えませんが、右舷の船底付近には大きな穴があいているといいます。19日、アメリカ海軍は、穴の近くの浸水した居住スペースで、乗組員7人が遺体で見つかったと発表しました。このうちの1人、射撃員のダコタ・リグスビー上等水兵は、19歳という若さでした。

 一方、フィリピン船籍のコンテナ船。積み荷を降ろして船体が軽くなったため、18日まで水面下に隠れていた船首の下にある突起、「バルバスバウ」を確認することができました。衝突によってできたとみられる傷も見えます。その後の取材で、このバルバスバウがイージス艦の船底付近に突っ込み、大きな穴が空いた可能性が浮上してきました。

 19日も運輸安全員会などはコンテナ船に立ち入り、事故原因を調べていますが、イージス艦側については、日米地位協定により、一次裁判権がアメリカ側にあるため、関係者によると、いまだ事情聴取のメドもたっていないといいます。

 海難事故に詳しい専門家は・・・

 「誰がどういう状況で死んでいたのかを裁判所に提出しなければならない。アメリカがさっさと出してくれば良いが、だいたいは出さない」(日本海事補佐人会 田川俊一弁護士)

 田川弁護士は、通常は1か月で終わる捜査が2、3か月以上かかることも予想されるとしています。

この記事の関連ニュース

6月25日(日)のヘッドライン

注目キーワード別 記事一覧

TBS NEWS アクセスランキング 6月25日 5時2分

天気・ニュース番組ダイジェスト

6月25日(日)の「社会」ニュース

6月23日(金)の「社会」ニュース

6月22日(木)の「社会」ニュース

6月21日(水)の「社会」ニュース

6月20日(火)の「社会」ニュース

6月19日(月)の「社会」ニュース

6月18日(日)の「社会」ニュース

PCサイトヘ

地震情報が入りました

ライブストリーミングが始まりました

速報の配信が始まりました

お知らせが通知されました