TBSの動画ニュースサイト TBS NEWS

「バイエル薬品」の複数社員が約200人のカルテを無断閲覧
2分45秒

「バイエル薬品」の複数社員が約200人のカルテを無断閲覧

 大手製薬会社「バイエル薬品」の複数の社員が、ライバル社の薬の効果を調べるため、患者およそ200人分のカルテを無断で閲覧していたことがわかりました。内部告発を行った社員がJNNの取材に応じました。

 「患者さんには申し訳なかった。無断で患者の同意も得ずにカルテを見たわけですから」(バイエル薬品の現役社員〔50代〕)

 こう話すのは、バイエル薬品の50代の現役社員です。患者本人に無断でカルテを見ていたと、去年、厚生労働省に内部告発しました。

 「やってはいけないことはノーと言える自分でいたかった」(バイエル薬品の現役社員〔50代〕)

 バイエル薬品が5年前に発売した血栓症治療薬「イグザレルト」。年間の売り上げが640億円にも上る大ヒット商品です。「イグザレルト」発売直前の2012年2月ごろ、ライバル社の薬の効き目に関するデータを集めるため、上司の指示を受け、つながりのあった宮崎県の開業医のところで、およそ200人分のカルテを閲覧し、データを書き写したといいます。この中には「がん」や「認知症」など、目的とは関係ない、個人の病歴に関する情報も多数含まれていました。

 「名前、年齢、性別、原疾患、他にどんな薬を飲んでいるか。アルツハイマー型の認知症も出てきて、自分の家族がそうであっても誰にも知られたくない。(命令した上司にカルテの閲覧を)『やりたくないんです』と言ったら、ちょっとキレられて、(バイエル薬品)本社がやってはいけないことをやらせるわけないでしょう、早くやってくださいと」(バイエル薬品の現役社員〔50代〕)

 バイエル薬品は10日、不適切なカルテの閲覧があったと認めました。

 カルテを閲覧させた宮崎県の医師は、「患者の承諾を得ているので、当時は問題ないと思っていた」としたうえで、「書面で承諾を得ていなかった点は思慮が足りなかった」と回答しました。しかし、カルテを閲覧された患者に取材したところ、複数の患者が「説明はなかった」と答えています。

 医療の個人情報に詳しい弁護士は・・・

 「会社の一営業所の独断でやったのか、バイエル薬品本社も承知していたのか、しっかり調査していくことが必要」(薬害オンブズパースン会議 水口真寿美 弁護士)

 厚生労働省は現在、法律や指針などに反する可能性もあるとして調査を行っています。

この記事の関連ニュース

6月25日(日)のヘッドライン

注目キーワード別 記事一覧

TBS NEWS アクセスランキング 6月25日 5時2分

天気・ニュース番組ダイジェスト

6月25日(日)の「特選」ニュース

PCサイトヘ

地震情報が入りました

ライブストリーミングが始まりました

速報の配信が始まりました

お知らせが通知されました