TBSの動画ニュースサイト News i

20日
21時41分
トランプ大統領が金正恩氏を批判 「極めて悪質に振る舞っている」

トランプ大統領が金正恩氏を批判 「極めて悪質に振る舞っている」

 弾道ミサイルに使用する新型エンジンの燃焼実験を行ったとするなど挑発を繰り返す北朝鮮について、アメリカのトランプ大統領は、この週末に協議を行い、「極めて悪質に振る舞っている」と、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)党委員長を名指しで強く批判しました。

 「北朝鮮に関する会議を開いた。彼(金正恩氏)は極めて悪質に振る舞っている」(アメリカ トランプ大統領)

 この週末、別荘のある南部フロリダ州で、北朝鮮情勢について安全保障担当のマクマスター大統領補佐官らと連日にわたり協議を行ったアメリカのトランプ大統領。「極めて悪質に振る舞っている」と、北朝鮮の金正恩党委員長を名指しし、強く批判しました。

 「大出力エンジンを我々式に新たに研究・製作し、初の試験で一度に成功した」(朝鮮中央テレビ 19日放送)

 これに先だち、北朝鮮は、国営メディアが北西部の東倉里(トンチャンリ)で新型の大出力エンジンの燃焼実験が行われたと報じていました。国営メディアは、実験は「成功した」と大々的に伝え、新型エンジンを搭載した発射実験を近く行うことを示唆しました。

 「大陸間弾道ロケットの試験発射準備事業が最終段階に至った」(北朝鮮 金正恩党委員長 1月1日放送)

 これまで、核やアメリカ本土も射程に収めるICBM=大陸間弾道ミサイルの開発を推し進めると公言し、6日には弾道ミサイル実験を強行した北朝鮮。北朝鮮政策の見直しを進めるトランプ政権は、軍事行動も選択肢にあるとの姿勢を示しています。

 そんな中、日中韓を歴訪しているティラーソン国務長官が、この週末、中国を訪問しました。北朝鮮の最大の貿易相手国として影響力を持つとされる中国ですが、トランプ大統領はツイッターで、「ほとんど助けになることをしてこなかった」と批判しています。

 「中米は協力関係を建設的に推進するために努力してきた」(中国 習近平国家主席)

 「米中は対話を通じて、より理解を深めることができる」(アメリカ ティラーソン国務長官)

 今後、連携を深めていくことを確認した米中。しかし、ティラーソン国務長官が「過去20年の北朝鮮政策は失敗だった」とする一方で、中国はあくまで6か国協議を通じて解決すべきだとしていて、足並みはそろっていません。

 来月にも行われるトランプ大統領と習近平国家主席の初めての首脳会談で、米中が新たな方向性を見いだせるかが注目されます。

 「中国が北朝鮮の核開発やミサイル開発に反対する立場は明確で一貫したものです」(中国外務省 華春瑩報道官)

 中国外務省の華春瑩報道官は20日の記者会見でこのように述べ、改めて北朝鮮に対し、国連安保理の規定を遵守するよう求めるとともに、関係各国に朝鮮半島情勢の緊迫化を防ぐよう自制を呼びかけました。(20日20:46)

この記事の関連ニュース

3月25日(土)のヘッドライン

注目キーワード別 記事一覧

News i アクセスランキング 3月25日 14時2分

天気・ニュース番組ダイジェスト

3月25日(土)の「国際」ニュース

3月24日(金)の「国際」ニュース

3月23日(木)の「国際」ニュース

3月22日(水)の「国際」ニュース

3月21日(火)の「国際」ニュース

3月20日(月)の「国際」ニュース

3月19日(日)の「国際」ニュース

3月18日(土)の「国際」ニュース

PCサイトヘ

地震情報が入りました

ライブストリーミングが始まりました

速報の配信が始まりました

お知らせが通知されました