【現場から、】西日本豪雨災害

【現場から、】2018年7月31日(火)

遊び場がない子どもたちに笑顔を

西日本を襲った豪雨の被災地では、子どもたちの遊び場にも土砂が流れ込みました。夏休みに入っても遊ぶ場所のない子どもたちを元気付けようと、ある取り組みが始まっています。

「また足りなかったら、おかわりしてくれたらいいからね」(ボランティア)

できたての手料理に行列をつくる子どもたち。無料で食事を提供する、「こども食堂」です。広島市の中でも特に被害が大きかった安芸区のスーパーの2階にオープンしました。

「おいしい」(子ども)

避難所などの限られた食事でストレスを抱える子どもたちも多く、見かねた女性たちが、この食堂を立ち上げました。

「どうしてもこういう状況だと(食事が)インスタントのものが増えてしまっていたので、(子どもが)『温かい料理を食べられてうれしい』と言ってくれると、本当にうれしい」(「こども食堂」を立ち上げた太田郁恵さん)

食材のほとんどは、全国の農家などからの寄付です。豪雨災害のため、早めの夏休みが始まっていた子どもたちにとっては、もう1つ深刻な問題が・・・。

子どもたちの遊び場である児童館も被災しました。遊戯室は全く使えない状態です。

夏休みには1日30~40人が利用する児童館にも大量の土砂が流れ込みました。小学校や幼稚園も多くが被災し、グラウンドで遊ぶこともできません。いつもとは違う夏休み。「こども食堂」は、そんな子どもたちの遊び場にもなっています。

「近隣の公民館や福祉センターがどこもダメになって、子どもを連れていける所がなかったので、助かります、とても」(利用者)

「こども食堂」には勉強ができる“寺子屋”スペースもあります。ボランティアは宿題を教えたり、遊び相手になったり・・・。

「女手なので、土砂の撤去作業はできないと思っていた。これなら私でもできるかなと」(ボランティア)

リラックスして遊べる空間を。被災地の子どもたちが笑顔になれる居場所づくりが始まっています。(7月31日23:34)

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network