【現場から、】西日本豪雨災害

2018年10月13日(土)

山陽線貨物列車、3か月ぶりの運転正常化

豪雨被害から3か月ぶりの運転正常化です。
福岡発-東京行きの最初の貨物列車は午前9時すぎに広島貨物ターミナル駅に到着しました。

7月の西日本豪雨災害の後、広島県内の山陽線の旅客列車は先月30日に全線開通していましたが、貨物列車は、台風24号による山口県内の線路への土砂流入で運転再開が13日まで延びていました。

JR貨物によりますと、山陽線は年間の輸送量の3分の1を占めるそうですが、当面は通常の9割ほどの本数で運行するということです。(10月13日17:39)

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network