【現場から、】西日本豪雨災害

2018年8月27日(月)

愛媛・大洲市の一部の小中学校、繰り上げ始業式

西日本豪雨の影響で夏休みが前倒しになった愛媛県大洲市の一部の小中学校では、27日、始業式が行われ、子どもたちが元気に新学期をスタートさせました。

大洲市内では、西日本豪雨の影響を受けた11の小中学校で27日から二学期が始まり、このうち床上浸水した三善小学校でも全校児童38人が元気に登校しました。

「(新学期は)災害に負けずに、勉強や運動を頑張りたい」(児童)

始業式では、5年生の中岡咲和さんが「水道の水が出なくて大変だったが、家族で海水浴に行ったのが楽しかった」と夏休みの思い出を話しました。

大洲市では、豪雨の影響がなかった他の10校は来月3日に始業式が行われます。(8月27日11:39)

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network