【現場から、】西日本豪雨災害

2018年8月25日(土)

JR芸備線、不通区間の一部で運転再開

西日本豪雨の影響でJR芸備線の不通になっていた区間のうち、一部で25日から運転が再開されました。

JR芸備線では、不通になっていた区間のうち、下深川-狩留家駅の間およそ6.4キロで、災害発生から50日ぶりに運転が再開されました。通常の7割ほどの本数で、広島駅と狩留家駅の間を折り返し運転します。

「有難いですね」(利用客)
「電車が開通してすごい便利になったなと思っています」(利用客)

「まだ動いてないところもあるが、全力を尽くして1日も早く復旧したい」(JR西日本 広島管理駅・小橋修一副管理駅長)

全区間のうち9割近くが未だ不通のJR芸備線では、鉄橋が流されるなどの被害が出ていて、全線復旧まで少なくとも1年以上かかるという見通しは変わっていません。(8月25日11:04)

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network