【現場から、】西日本豪雨災害

2018年8月13日(月)

広島県内の不明者6人を一斉捜索

西日本豪雨災害で、広島県では6人の行方がわからないままで、13日、警察などが一斉捜索を行いました。

広島県海田町を流れる瀬野川では、支流の畑賀川で流された11歳と6歳の姉妹の捜索が行われました。隊員たちは、横一列になって棒を使って川の底を調べたり、河川敷や茂みの中を丁寧に見たりしていました。

このほか、坂町小屋浦地区や呉市天応地区などで、警察と消防、自衛隊が合うわせて870人の態勢で一斉に捜索を行いました。

「早く見つかってくれればいい」(住民)

今回の災害で広島県内では108人が亡くなり、6人の行方が分かっていません。(8月13日23:49)

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network